疥癬(かいせん)

疥癬とは?

「疥癬(かいせん)」とは、「ヒゼンダニ」という小さなダニが人の皮膚に寄生して起こる皮膚病です。疥癬には、「通常疥癬」と呼ばれるものと、より感染力の強い「角化型疥癬」と呼ばれるものとの二種類があります。

どんな症状?

通常疥癬

主にダニの寄生した部分として、指の間にかゆみを伴う赤いぶつぶつが出てきます。男性の場合は陰嚢に同様の症状がでます。同時にアレルギー反応として、お腹や胸、足や腕などに湿疹のような赤いブツブツがみられます。
どちらも強いかゆみを伴います。

角化型疥癬

お年寄りや免疫力の低下した〇にみられ、灰色~黄白色の厚いカサブタのようなもの(アカが重積したもの)が、手足、おしり、ひじ、ひざ、爪などにみられます。このかさぶたに多数のダニが寄生しているため、強い伝染性があります。

強いかゆみを感じることも

人によって程度や頻度は異なりますが、強いかゆみを感じる場合があります。疥癬が治ったあともかゆみが残ることもあります。

疥癬はうつるの?

人から人に、また動物から人に、ダニが移動することによってうつります。

通常疥癬では、長時間肌と肌が触れ合うことによってうつることがほとんどです。感染から発症までの潜伏期間はおよそ1~2か月です。

角化型疥癬は感染力が強いため、短時間の接触や寝具及び衣服を介した間接的な接触でもうつることがあります。また、剥がれ落ちたアカが他人に付着することでも感染します。潜伏期間は4~5日です。なお、角化型疥癬の患者さんからうつったとしても、まずは通常疥癬として発症します。

どうやって治すの?

ヒゼンダニを殺すことを目的とした飲み薬や塗り薬で治療します。

飲み薬

イベルメクチン(製品名「ストロメクトール錠」)を1回または2回内服します。

塗り薬

フェノトリンローション(製品名「スミスリンローション」)、イオウ剤、クロタミトンクリーム(製品名「オイラックスクリーム」)、安息香酸ベンジルなどがあります。

かゆみ止め薬

抗ヒスタミン薬の飲み薬などを併用し、かゆみを抑えます。

  • かじ町鈴木皮膚科 TEL:03-5298-1255
  • かじ町鈴木皮膚科ブログ
  • メディモ インターネット・メディカルモール
  • かじ町鈴木皮膚科 TEL:03-5298-1255
  • かじ町鈴木皮膚科ブログ
  • メディモ インターネット・メディカルモール

新着情報

一覧へ >
2018/07/20
水曜日の診察について
2018/07/20
夏季休診のお知らせ 8月10日より8月16日まで休診とさせていただきます。