多汗症

多汗症とは?

多汗症とは全身もしくは体の一部(腋の下や手のひら等)が異常に発汗する疾患です。
全身性多汗症は原因がわからない原発性のものと感染症や内分泌代謝異常や神経疾患に合併するものに分かれます。
体の一部、局所性多汗症にも原因がわからない原発性のものと腫瘍などによる神経障害によるものに分かれます。

どんな症状?

発汗

それほど暑くなくとも衣服が明らかに濡れてしまうほど汗をかいてしまいます。また普通の人ならば緊張しないような場面でもたくさんの汗をかいてしまいます。

睡眠中は特に発汗が他の人より多いということはありません。

発汗によって引き起こされる疾患

あせもができやすく、カビや細菌による感染が起きやすくなります。
※多汗症と腋臭症(ワキガ)は違うものです。

多汗症の人の汗は無色透明のサラサラしたもので、臭いは全くありません。

どうやって治すの?

多汗症は局所性のものであれば、発症している箇所によって治療方法は変わります。治療方法には塗り薬や注射、外科的手術等があります。自分にあった治療法を知る為に医師としっかりそうだんをしましょう。

外用薬(塩化アルミニム)

20~30%塩化アルミニウム溶液を毎日塗り続ける事で、多くの軽症の方に効果がみられます。副作用として皮膚のかぶれやひりひり感が軽度に現れることがあります。効果の持続時間には個人差がありますが、概ね数日から数週間続くと言われています。特に手足や脇の下の多汗症に使用されます。
塩化アルミニウム溶液外用後にサランラップやプラスチック手袋などで覆い、密封療法を行うとより効果的です。

イオントフォレーシス療法

微弱な電流を腋の下や手のひら、足の裏に1回15~30分流し発汗を抑えます。保険適用であり、比較的安価な治療費ですが、頻繁な通院に必要で治療には多少の痛みを伴います。

ボツリヌス毒素注射方法

ボツリヌス毒素には発汗を促す交感神経から汗腺への刺激をブロックして発汗を抑える作用があると言われています。

腋の下や手のひらに直接注射します。効果は1回の注射で4~9ヶ月持続すると考えられています。治療が効果になることと1回に何か所も注射をするので痛みがあることが欠点です。

外科的手術

胸部の交感神経を焼き切ったり、切り取ったりする交感神経遮断術です。
手術時間は片側約20分で安全性の高い手術となっています。
効果はほぼ永久に発汗を抑えることができます。
※他の治療法と比較すると体への負担もあり、副作用として、代償性発汗(胸や背中、お尻などのほかの部位からの発汗が増える)があります。

  • かじ町鈴木皮膚科 TEL:03-5298-1255
  • かじ町鈴木皮膚科ブログ
  • メディモ インターネット・メディカルモール
  • かじ町鈴木皮膚科 TEL:03-5298-1255
  • かじ町鈴木皮膚科ブログ
  • メディモ インターネット・メディカルモール

新着情報

一覧へ >
2018/07/20
水曜日の診察について
2018/07/20
夏季休診のお知らせ 8月10日より8月16日まで休診とさせていただきます。
初診の方で診察の事前申込はこちら アクセス・診療時間 いぼ ニキビ かんせん 水虫 脱毛・薄毛 シミ ネット予約